NEFS

文章力を鍛える3つの方法-ビジネス・Webライターのトレーニング

  • 更新日:2022/09/22
  • ブログ
文章力 鍛える

「ビジネスシーンでテキストコミュニケーションがうまくなりたい」
「Webライターとしての価値を高めるために文章力を上げたい」

Webライターに限らず、テレワークといった在宅勤務が増えた一方で、問題となるのが相手に物事や気持ちを伝えるための「文章力」です。

誰もが文章で意見を伝えたり、情報を発信できたりするからこそ、文章力は非常に重要なスキルとなります。

そこで今回は、普段からできる文章力を鍛える方法とコツを紹介します。

文章力を鍛えるには毎日の積み重ねが必要ですが、何も考えずに書き続けるよりも一定の方法を覚えるだけで圧倒的に時短できます。

文章力を鍛える3つの方法

文章力 鍛える 方法

ビジネスにおいて、またWebライターが文章力を鍛える方法は、以下の3つです。

  • 文章は簡潔にする
  • わかりやすい言葉を使う
  • 結論は明確にする

多くのことに意識を向けるといつの間にか学ぶのが辛くなりますから、3つだけで良いので意識してみてください。

文章は簡潔にする

文章力を鍛えるときには、簡潔に文章をまとめられているかが大切なポイントです。

わかりやすく以下に2つの例文を用意しましたので、見比べてみてください。

  • 私は、丁寧な文章を書くことができます。なぜなら、一定の時間を自分の都合で用意できることで、ゆっくりと向き合えるからです。
  • 私は、丁寧な文章を書けます。向き合うために必要な時間を、無理なく用意できるからです。

ざっくりと同じ意味を持たせて書いてみましたが、その文章の長さに違いがあることはわかってもらえたはずです(内容はさておき)。

文章力を鍛えてわかりやすくするには、冗長な表現を省きながらどれだけ要約し、必要なことを伝えられるかが重要視されます。

ビジネスシーンにおけるテキストコミュニケーションを円滑にできたり、Webライターの執筆時間を短縮できたりするメリットがあるため、文章力の一つとして簡潔に書くということを意識しましょう。

わかりやすい言葉を使う

文章力を鍛えるときには、わかりやすい言葉を使っているかというのも重要です。

  • ①メリットを得られる
  • ②メリットを享受する

どちらも似た意味を持ちますが、わかりやすいのは①という人が多いのではないでしょうか。

このように、言葉の選び方だけでも相手に伝わりやすいかが大きく変わります

ビジネスにおいては、素早く確認して返信してもらうために役立ちますし、Webライターでは読み手に伝わりやすい文章を書くときに重宝します。

文章力を鍛える際には、わかりやすい言葉を使えるように、その語彙力を高めておくというのが非常に有効です。

結論は明確にする

文章力を鍛えるときに意識したいのが、結論が明確であるかということです。

  • 結論:〇〇までの資料が欲しい
  • 理由:これから打ち合わせに使うから

上記の例文では、「これから打ち合わせに使いたいので、〇〇までの資料が欲しいです。」という文章を作れます。

しかし、「〇〇までの資料が欲しいです。これからある打ち合わせに使います。」といった形で伝えると、目的をより明確に素早く読めます(例が苦手で申し訳ない)。

小さな違いですが、端的に相手へ目的を伝えて、その理由を添えるという形はコミュニケーションを円滑にするポイントです。

文章を書くときは、「まず結論から」を意識するだけで、相手への伝わりやすさという文章力を磨けるでしょう。

筆者
色々な方法がありますが、おおよそこの3つを意識するだけで圧倒的に文章の質が変わります。「短く・わかりやすく・結論を先に」だけでも意識して文章力を鍛えてみてください。

そもそも求められる文章力は目的によって異なる

文章力 鍛える 目的

文章力を鍛える前に知っておいてほしいのが、目的によってどのスキルを伸ばすのかが異なるということです。

例えば、Webライターでは「読みやすさやわかりやすさ」を重視する傾向が強いですし、ビジネスでは「伝わりやすさや簡潔さ」などを意識する必要があるといった形です。

また、文章力という言葉の定義は曖昧ですから、以下の要素に分類するとさらに細かくなります。

  • 構成
  • 要約
  • 表現
  • 速記
  • 発想
  • 校正
  • 論理
  • 俯瞰 など

さらに、伝わりやすさ・読みやすさ・簡潔さといった項目を追加すると、複雑化するはずです。

こうした状態を考えると、それぞれのシーンにおいて最適な文章の鍛え方を選ぶ必要があります。

そこで、本記事ではあえて文章力を鍛える方法を以下に分類して紹介する形としました。

  • ビジネスシーン
  • Webライティング
  • SNS等の短文作成
筆者
情報追加の依頼や質問は、以下のコンタクトフォームからお気軽にどうぞ!

【シーン別】文章力を鍛える際に意識すること

文章力 鍛える シーン別

文章力を鍛える際に意識することを、以下の3つにわけて紹介します。

  • ビジネスシーン
  • Webライティング
  • SNS等の短文作成

いずれも細かく挙げるとキリがないので、意識したいポイントを5つほど列挙しました。

ビジネスシーン

ビジネスシーンで文章力を鍛えるときには、以下を意識します。

  • 文章は短くまとめる
  • 情報を詰め込みすぎない
  • 結論から伝える
  • YesかNoかで答えられる形にする
  • こそあど言葉は使わない

ビジネスシーンでは、テキストにおけるコミュニケーションが重要視されます。

そのシーンごとに適切な返答が異なりますが、結論から短くまとめてわかりやすく伝えるのがポイントです。

Webライティング

Webライティングで文章力を鍛えるときには、以下を意識します。

  • 主語・述語は正しいか
  • 文章にねじれはないか
  • PREP法を基本とできているか
  • 文章に主観が入っていないか
  • 誤字脱字や重複表現はないか

Webライターは3,000文字以上といった形で、一定の量を書く必要がありますから、その文章それぞれが読みやすさがあるか、不備がないかを細かく確認します。

主述の関係やねじれは、意外に見落としやすいですから、しっかりと読み返しておきましょう。

また第三者として俯瞰した姿勢で書くことが求められますので、主観が入っていないかもチェックできると良いですね。

SNS等の短文作成

SNS等の短文を作成するときには、以下を意識します。

  • 文章は短くまとめる
  • 情報は1つのテーマに絞る
  • 結論は最初に持ってくる
  • 誤字脱字は細かく確認する
  • ネガティブチェックは怠らない

SNSでは、投稿できる文字数に制限があるため、短くまとめる意識が大切です。

1つのテーマに絞って記述すると、より洗練しやすくなるでしょう。

また、誤字脱字は目立ちやすくなりますので確認が必要ですし、ネガティブチェック(マイナスに受け取られないか)までチェックできるとなお良くなります。

文章を鍛える際に見落としやすいコツ

文章力 鍛える コツ

文章を鍛える際に見落としやすいコツは、以下のとおりです。

  • 主語は明確にする
  • 「てにをは」は常に意識する
  • 読点は1〜3つまでにする
  • 1文には1つの意味だけを込める
  • 冗長表現を減らす
  • 主語と述語のねじれは確認する
  • 指示語を減らす
  • 重複した言葉を使わない
  • 漢字は適度に開く
  • 語尾に変化をつける
  • 数字などで具体化する

ざっくりと例を挙げてみましたが、おそらく細かく気にするとキリがないはずです。

日本語は外国語と比べても多くの表現がありますし、その伝わり方もさまざまですから細かく考えるとさらにブラッシュアップできます。

どの部分が足りていなかったのかを考えて、より文章力を高めるための参考にしてください。

毎日続けたい文章力のトレーニング方法

文章力 鍛える トレーニング

日ごろから文章力を鍛えるためにできるトレーニング方法は、以下の5つです。

  • 本を読む
  • 何事も要約する
  • 文章を書く
  • 読み返す
  • 添削を受ける

本を読む

文章力を鍛えるためには、文字に触れる機会を増やすために本を読む習慣をつけてみましょう。

読む本はどのようなものでも良いですが、意識したいのは「なぜその内容が伝わったか」「わかりやすい表現は何があったか」などの文章の特徴を知ることです。

文章力を高めるために基礎力を磨いたとしても、その後のアレンジでは「語彙力」や「表現力」が求められます

この書き方はどこが良かったのか、自分の文章とは何が違うのかを考えながら本を読めると、さらに文章力が高まりやすくなるはずです。

筆者
文章力に関する本を素直に読み、それを実践するというのもよいですね。なぜ伝わらないのだろう、どこか抜けているのだろうという疑問の視点から読むと、意外に当てはまりやすく、伸ばすべき目標が見つかりますよ。

何事も要約する

こちらもインプット方法ではあるのですが、文章を読んだら「何事も要約してみる」というのがおすすめです。

また、ニュースや話を聞いたときにも、それを要約できると頭の中で自分なりの文章を作る癖がつきます。

要約力は、余計な文章を削ぎ落として的確に伝えたい内容を記述するために必要な能力です。

ある程度の情報を集めたら、最低限の根拠で内容を最大限に伝える意識で文章力を高めましょう。

文章を書く

本を読んだり、文章力を高めるためのポイントを知ったりした後は、「文章を書く」つまりアウトプットします。

アウトプットの方法は何でも良いのですが、できれば今後の活動に使えるように以下の媒体を選ぶと良いでしょう。

  • Note
  • ブログ
  • SNS

例えば、Noteではどのようなことを学び、どう文章が良くなったのか自ら発信していくことで新たなコミュニティを見つけるきっかけになります。

ブログでは、Webライターが自分のポートフォリオとして公開できますし、そのまま収益化という選択肢も取れるでしょう。

SNSでは、情報を短い文章で発信する癖をつけられて、さらにその発信からまた新たな知識が得られるといった形です。

文章力を鍛える場合は、日々何かを目標にしてアウトプットする(無意味に書き続けるのはだめ)という意識を持ってみてください。

読み返す

文章力を鍛えるためにも、アウトプットしたものは定期的に読み返してブラッシュアップしましょう。

1日以上空けてから改めて文章を読んでみると、書いたときとは違った気持ちで見れますので、間違いに気付けたり、違和感のある部分が目についたりするからです。

もちろん、書いてすぐ読み返すこともときにはあるはずです。

こうしたときにも、自分が失敗しやすいミスや、やってしまいやすい誤字脱字を知っているだけで発見率は高められます

場合によってはツール等を用いて、読み返すという習慣から文章力を改めて考えてみてください。

添削を受ける

文章力を鍛えるときには、自分のやり方だけで伸び悩むこともありますので、第三者から添削を受けるのも一つの方法です。

その人との書き方の違いや、第三者だからこそ気づける違和感などを知ると、より俯瞰した視野で文章を書くよう意識できるからです。

SNSで添削を依頼したり、文章力の高い人に頼んでみたりと工夫して添削を受けてみましょう

一定の費用はかかりますが、そうしたサービスを提供している人に頼んでみるのも良いですね。

SEOコンテンツチェックのご依頼は『こちら

まとめ

文章力を鍛えるためには、以下の基本的な方法を試してみてください。

  • 文章は簡潔にする
  • わかりやすい言葉を使う
  • 結論は明確にする

それぞれのシーンにおいて、適切な返答は異なりますが、おおよその文章はこの3つを押さえるだけで改善します。

また、日頃から書くことに慣れる習慣をつけたり、書き方を学んだりするのも大切です。

ぜひ本記事を参考に、今後の文章との向き合い方を変えてみてください。

Profile

吉田
吉田起業家
PM・アドバイザリー・Gasツール制作などに携わる器用貧乏で残念な人。独学フリーランスとしてSEO業界へ入り、頭皮にダメージを受けて髪の毛を失いながら経験を積む。今後も仕組み化や自動化により、効率よく進めてきたノウハウをブログやサービスで提供し続けるのがモットー。