NEFS

高品質な記事制作はD:writer(ディライター)-データドリブンで成功確度の高いライティング

  • 2022/05/07
記事作成代行

記事作成代行のD:writer(ディライター)とは

記事作成代行のD:writer(ディライター)は、最新のSEOナレッジとデータ分析によって、高い品質の記事をチームで制作するサービスです。

本サービスでは、以下の『フクザツ』を「シンプル」にできます。

  • ライターの採用・管理が面倒で一本化したい
  • コンテンツ作成を丸投げして自動化したい
  • スクリーニング済みのライターに依頼したい

面倒な管理は不要のワンストップ制作

ディレクターを含む専用のチームを「社外」に編成できます。

そのため、ライター管理(コピーチェック・校正・校閲等)は不要です。

担当PMの1名だけとやりとりし、記事の制作をご依頼いただけます。

検索上位を量産したPMが品質を担保

Google検索上位を量産した、経験豊富なPMとディレクターが、1記事ずつ丁寧に確認して品質を担保します。

記事の書き方(トーン&マナー)まで、貴社のイメージに合わせて微調整します。

ツールと目視で任せて安心チェック体制

ツールによるチェック

コピーチェック 専用ツールで他社のコピー記事を徹底排除
記事内の重複文章チェック 同じ文章や言い回しをカットして読みやすさと品質を担保
誤字脱字チェック ツールによって誤字脱字・誤用を徹底的に排除

ツールの段階で、表記ゆれや二重否定などの一般的なミスを徹底的に排除して品質を担保します。

オリジナルを含む複数の校正・校閲ツールを使うことで、細かい統一項目まで反映できます。

目視によるチェック

校閲担当の文章チェック 専用ツールで他社のコピー記事を徹底排除
レギュレーションチェック レギュレーション・トンマナと相違ないかチェック
誤字脱字チェック ツールと並行して目視で誤字脱字・誤用を徹底的に排除

目視の段階で推敲を実施し、高品質を実現します。

コピーチェックまで対応しますので、確認の手間を削減できます。

価格の目安

記事作成代行のD:writer(ディライター)は、低価格での量産に対応していません

品質の高さに自信がある』からです。

お試し スタンダード
一番人気
スタンダード+ リライト
記事1本単価 16,500円 27,500円〜 44,000円〜 22,000円〜
記事数 1記事 5記事〜 10記事〜 1記事〜
修正回数 1回まで 3回まで 無制限 3回まで
画像 フリー フリー+制作 フリー+制作 フリー+制作
入稿 ×
ツール利用
契約期間 1ヶ月〜 3ヶ月〜 6ヶ月〜 3ヶ月〜

※最大フローで記事を制作した場合での単価(税込)です。

他社との比較(独自調べ)

D:writer
(ディライター)
他社
記事単価 16,500円〜 3,500円〜
(約5000文字)
文字単価 文字単価では受付なし 0.7円〜
文字数 KWに合わせる 5000文字前後
記事数 1記事〜 10記事〜
修正回数 無制限 無制限 or ×
画像 フリーor作成 ×

※どちらも記事制作のみの単価(税込)概算です。

従来型ともいえる『低単価・文字単価での依頼』は、以下のリスクがあります。

  • 露骨な文字稼ぎ
  • 根拠なき情報の掲載
  • 読者のニーズからのズレ
  • 上位表示との競争力低下
  • 後の改善コストが増大
  • Googleからのペナルティリスク増加
  • 費用対効果の低迷

『費用がかかります』が、こうしたリスクを低減し、少ない記事数でも成功確度の高い記事制作を実施します。

SEOコンテンツ制作までの流れ

1:お問い合わせ・ヒアリング

お問い合わせより、ご希望の依頼内容をお送りください。担当より、折り返しご連絡いたします。
なお、ヒアリングの方法はテキストベースまたは、Google Meetとなります。

2:KWのご提案・スケジューリング

KWがすでに決まっている場合は、スケジューリングを実施します。KWが決定していない場合は、調査後にご提案できます。

3:構成書作成+校正・校閲

ご依頼いただいた内容に合わせて、構成書を作成します。この時点から、校正・校閲が入ります。

4:記事執筆+校正・校閲

構成書に合わせて記事を執筆します。基本はWeb上の情報を使って記述しますが、ファクト・エビデンスのチェックは徹底しております。

5:記事の推敲+入稿

執筆後の記事を推敲し、さらにブラッシュアップします。
必要に応じて、ご指定のCMSへ入稿も可能です(特殊なCMSは別途お見積もりとなります)。

6:制作した記事の納品+お支払い

制作した記事を納品し、お支払いとなります。請求日は、月末締めの翌月末払いです。

最終チェック前まで丸投げOK

記事作成代行

ご確認いただく工数は、記事入稿または納品時の最終チェックまでカットできるため、余計なコストはかかりません。

また、最終チェックは、貴社の想定した内容と相違ないか(サービスや料金の確認)、炎上リスクとして捉えられる表現はないか等のために、励行いただいております。

制作本数や金額はご要望にあわせて柔軟にカスタマイズできますので、まずはお問い合わせからお気軽にご相談ください。