NEFS

SEOコンテンツの校正・校閲・推敲は「R2P Check」-記事チェックのアウトソーシングで業務効率化

  • 2022/05/14
校閲・校正代行

R2P Check(アールツーピーチェック)とは

R2P(Review Revision Proofreading)Checkは、自社またはWebライターが執筆したSEOコンテンツをレビューし、校正・校閲する確認サービスです。

SEOコンテンツの文章は、ツールのチェックや表記ゆれの統一だけでは以下のリスクが残ります。

  • 言葉によって伝えたい内容が変わってしまう
  • ネガティブに受け取られてしまう
  • ファクトチェックが漏れてしまう
  • エビデンスのない情報を掲載してしまう など

こうした課題を解決するために、多くの文章を読み解き、集中して調整できる専任を用意する必要があるわけです。

そこでおすすめしたいのが、R2P Check(アールツーピーチェック)という第三者によるチェック体制です。

本サービスは、以下の方にマッチします。

  • 校正・校閲・推敲にかかる手間を削減したい
  • SEOコンテンツの品質をさらに高めたい
  • 自社執筆の記事をSEOコンテンツに昇華させたい

ツールと目視で任せて安心チェック体制

ツールによるチェック

コピーチェック 専用ツールで他社のコピー記事を徹底排除
記事内の重複文章チェック 同じ文章や言い回しをカットして読みやすさと品質を担保
誤字脱字チェック ツールによって誤字脱字・誤用を徹底的に排除

ツールの段階で、表記ゆれや二重否定などの一般的なミスを徹底的に排除して品質を担保します。

オリジナルを含む複数の校正・校閲ツールを使うことで、細かい統一項目まで反映できます。

目視によるチェック

校閲担当の文章チェック 専用ツールで他社のコピー記事を徹底排除
レギュレーションチェック レギュレーション・トンマナと相違ないかチェック
誤字脱字チェック ツールと並行して目視で誤字脱字・誤用を徹底的に排除

目視の段階で推敲を実施し、高品質を実現します。

コピーチェックまで対応しますので、確認の手間を削減できます。

SEOコンテンツとしての質をチェック

R2P Check(アールツーピーチェック)では、校正・校閲のチェックに加えて、SEOコンテンツの質を向上できるよう推敲し、アドバイス・調整を受けられます。

以下は、チェック項目の一例です。

  • KWは適切に盛り込まれているか
  • 盛り込むべき内容に触れられているか
  • ファクト・エビデンスは明記されているか
  • 1テーマ1見出しで構成されているか
  • 要点を理解しやすいよう表・リストが使われているか
  • 強調スニペットを狙える水準であるか
  • 図解やイラストでUX/UIを向上しているか

「Googleドキュメント」、「Wordドキュメント」のどちらにも対応できます。

また、WordPressといったCMSへ入稿された記事に対しても対応可能です。

担当1名だけとやりとりし、チェックをご依頼いただけます。

オプションで煩雑な業務を効率化

さらに、校正・校閲・推敲だけに限らず、必要な工数にあわせて公開までに必要な業務もご依頼いただけます。

  • 専用のCMSに必要なマークアップ
  • CTA等に必要なHTMLタグの挿入
  • WordPress等への入稿作業
  • 公開記事の調査および内部リンク施策
  • SEOコンテンツ作成・リライトの別途業務

別途お見積りで柔軟にスタイルを調整できます。

価格の目安

「R2P Check」の価格は、記事の規模によって異なります

お試し レギュラー
一番人気
プロ カスタマイズ
記事1本単価 5,000円 15,000円 20,000円 お見積り
図解の制作 なし あり あり あり
入稿 ×
文字数の制限
(1記事ごと)
〜5,000文字まで 〜15,000文字まで 〜20,000文字まで 無制限
契約期間 単発(初回のみ) 1ヶ月〜 3ヶ月〜 6ヶ月〜

※価格はすべて(税込)です。
※内容にあわせて前後しますので、あくまで目安としてください。

記事チェックまでの流れ

1:お問い合わせ・ヒアリング

お問い合わせより、ご希望の依頼内容をお送りください。担当より、折り返しご連絡いたします。
なお、ヒアリングの方法はテキストベースまたは、Google Meetとなります。

2:内容の確認・スケジューリング

ご依頼内容にあわせて、スケジューリングを実施します。

3:校正・校閲・推敲の実施

ご依頼いただいた内容に合わせて、校正・校閲・推敲を実施します。完了までお待ちください。

4:図解の挿入・入稿

必要に応じて図解を作成し、ご確認いただきます。
また、入稿が必要な場合にも対応しております。(特殊なCMSは別途お見積もりとなります)。

5:チェックが完了した記事の納品+お支払い

チェックした記事を納品し、お支払いとなります。請求日は、月末締めの翌月末払いです。

R2P Check(アールツーピーチェック)で業務を効率化

校閲・校正代行

自社またはWebライターの作成した記事の校正・校閲・推敲は時間がかかります。

業務を効率化したり、Webライターからアップされる記事の質を向上させたりしたいとお考えでしたらお気軽にお問い合せください。

※多くのご依頼をいただいておりますので、お急ぎの場合はその旨をお伝えいただけると幸いです。